健康と見た目の良さと経済の自立

健康と見た目の良さと経済の自立を目指すブログです。

勇史行博士のシェアです。

今週のサイエンス誌に興味深い特集がありました。
腸内細菌により物質が変化します。たとえば、毒性のあるアルカロイドが腸内細菌の働きにより、体に良い物質になります。腸内細菌によりコレステロールが下がったり、薬が代謝され効かなくなったり。ノニに含まれるイリドイドが腸内細菌により活性化するのも一例です。
無害だと思われた化学物質が、腸内細菌によって有害に変わる可能性もあります。まだ科学は発展途上で、腸内細菌の影響はほとんど分かっていません。
http://science.sciencemag.org/content/356/6344/